右サイドにOBがある時のドライバーショット


今回は、右サイドにOBがある時のドライバーショットについて、紹介したいと思います。

右サイドに障害物があるときは、ボールをつかまえてショットしていく必要があります。
右方向にボールが行ってしまう原因として、インパクトの瞬間に、
フェイス面がオープンになってしまうことが考えられます。

フェイス面がオープンになってしまう原因は、上体が飛球線方向に
突っ込み過ぎてしまうからです。

右サイドにボールを飛ばさないためには、トップからダウンスイングにかけて、
右肩の位置がボールに近寄らないように、一定の距離を保ちながら、打っていきます。

右肩とボールの距離を一定にしながら、フォロースルーの段階で、
左サイドに体重移動をしていく感じです。

右肩の位置をキープできれば、身体の前傾角度も自動的に維持することができます。
クラブが入ってくる角度が一定になってきます。

上体の突っ込みをなくすことによって、ボールをつかまえることができます。
インパクトの瞬間に顔が上がってしまうのは、NGです。

顔が上がれば、前傾角度が崩れて、ミスショットにつながります。
顔の位置をキープできれば、手首を低い位置にキープすることができて、
ボールをつかまえることができます。