右サイドを使ったダウンブロー


今回は、右サイドを使ったダウンブローについて、紹介したいと思います。

ダウンブローで、右サイドを有効に使うためには、頭を右サイドにキープする左サイドの使い方がポイントになります。
このスイングをマスターするための練習ドリルとして、右足引きスイングがあります。

右足を足1足分後ろに引いて、アドレスをとります。
その状態から、左ひざが動かないようにスイングしてみて下さい。

右足で踏ん張っている感覚が分かると思います。
スイングの幅は、ハーフスイングで大丈夫です。

上半身が飛球線方向に流れないようにして下さい。
手首のコックを維持したまま、スイングして下さい。

スタンスは、肩幅よりも狭めにして下さい。
ボールは、左足の内側の延長線上にセットして下さい。
しっかり腰で踏ん張って下さい。

多くの方は、腰を早く回転しすぎてしまい、クラブが遅れて下りてきてしまいます。
そのために、手首のコックが早くほどけてしまい、スイングしてしまっています。

それを防ぐためには、右足をかごの上において、打ってみて下さい。
腰の回し過ぎを防ぐことができます。

さらに身体の真正面でインパクトを迎えることができるようになって、
身体全体でボールを捉えることができるようになってきます。