右プッシュでもボールを飛ばす方法


今回は、右プッシュでもボールを飛ばす方法について、紹介したいと思います。

右プッシュとは、ターゲットよりもボールが右に飛んでいってしまう現象です。
一見単なるミスショットのようですが、そんなことはないようです。

右プッシュは、ナイスショットになることがあり、飛距離も出ていることがあります。
右プッシュのボールを打つためには、ダウンスイングでの軌道は、
インサイドから降りてくる必要があります。

スライスになるアウトサイドインでは、絶対に出ない球筋です。
右プッシュは、正しいスイング軌道であるインサイドから振り下ろしが出来ている証拠です。

しかし右にボールが行ったからと言って、右プッシュとは限りません。
ボールを打ちたい意識が強すぎて、ダウンスイングで身体が飛球線方向に流れたり、
ボールをセットする位置は、右に寄りすぎている場合は、右プッシュとは言いません。

またヘッドの根っこにボールが当たった場合も、右プッシュとは言いません。
右プッシュかどうかのポイントは、押し込む感じでインパクトを迎えているかです。

そのためには、フォロースルーを大きくとれるかが重要になってきます。
そして、スイング軌道が、自分から見て時計の4時から10時方向に抜けているかどうかです。

右プッシュアウトをマスターするためには、片手素振りが有効です。
まずは左手です。クラブを持たないで、インパクトで動きを止めてみて下さい。

次に右手で、ダウンスイングで左手をインパクトで止めて、右手は左手を
追い越すように振り抜いて下さい。

インサイドアウトの感覚が分かってきます。