右手の使い方


今回は、右手の使い方について、紹介したいと思います。

ゴルフでは、誰もが飛距離にあこがれると思います。
飛距離を稼ぐためのポイントは、右手の使い方にあります。

右手のぎゅっと締め上げて、クラブを握ると、ボールに力が伝わります。
まずは、アドレスです。上半身は適度にリラックスします。

リラックスが大事ですが、グリップまでゆるゆるになってはいけません。
力を入れるべきところには、力を入れていきます。

親指と人差し指の付け根にテンションをかけて、
締めるように握ります。人差し指がグリップに触れるようにします。

親指と人差し指が緩んでしまうと、ヘッドの動きが不安定になってしまうので、
注意して下さい。

バックスイングでは、身体の捻転に伴って、クラブをインサイドに上げていきます。
クラブが腰の高さまで上がってきたら、右手を右肩の方向へ上げていきます。

そうすると、トップの状態になったときに、右手でお盆を持つような形になっているはずです。
ダウンスイングからインパクトにかけては、右手でボールをたたいていきます。

インパクトからフォロースルーにかけては、右手を伸ばしていきます。
この時に右手の親指を下方向に向けていくことで、スイング軌道を低く長く押し出していくことができます。