右手1本素振り練習ドリル


今回は、右手1本素振り練習ドリルについて紹介したいと思います。

季節が暖かくなってくると、ラフが長くなってきます。
長いラフに入ってしまうと、ボールを出すだけでも大変になってきます。

今回のレッスンでは、ラフから脱出するのに効果的な右手1本素振りを説明させていただきます。
ラフから脱出できない原因として考えられるのは、ヘッドがボールの手前に入ってしまうことです。

もしフェアウェイからボールを打つ場合は、ヘッドが手前に入ってしまい、
ダフってしまったとしても、ヘッドが芝の上を滑ってくれるので、ボールをある程度なら飛ばすことができます。

しかしラフからとなると、芝に引っかかってしまい、ボールを飛ばすことはできません。
ラフからのショットは、ダウンブローが鉄則です。ダウンブローで打つためには、
身体の軸が左右にぶれないことが大切です。

身体が右サイドが傾いてしまうと、ヘッドが手前に入ってしまいます。
身体が右サイドに傾かないためには。右肩の高さが変わらないことが重要です。

右肩の高さを維持するための方法が、右手1本ドリルです。右手だけでクラブを握ります。
左手は右肩を触ります。トップは肩の高さまで上げます。

ダウンスイングでは、両肩を水平に回していきます。手首が腰の高さまできたら、右ひじを伸ばしてみて下さい。
ボールの前方にある芝を払っていく感じで素振りをしてから、ボールを打つと効果的です。