右腰とアイアンスイング


今回は、右腰とアイアンスイングについて、紹介したいと思います。

大きな捻転差を作るためには、柔軟性がある程度必要になってきますが、
右腰の動きで、捻転差を作り出すことができます。

上半身を捻転させることも必要ですが、右腰をうまく切ることができれば、
捻転を生み出すことができます。

右腰をピップに向かって、移動していくと、右サイドの股関節に
何本かしわを作ることができます。しわができることによって、
上半身は、自然に捻転が出てきます。

バックスイングは、腰からゆっくり動かしていきます。
そうすると、腰の動きにつられて、上半身が自然に回転していきます。
ヘッドも手首を使うことなく、スローテンポで上がっていきます。

上半身から動かしてしまうと、ゆっくりバックスイングすることができません。
手打ちの原因になってしまいます。

トップからダウンスイングにかけては、下半身から始動していきます。
左ひざをきっかけにしてあげると、ダウンスイングがスムーズに進みます。

トップで捻転が不足してしまうと、両肩のラインがオープンになってしまい、
手打ちになってしまい、合わせ打ちになってしまいます。

腰を切る角度は、45度を目指してください。