右足1本スイング


今回は、右足1本スイングについて、紹介したいと思います。

力いっぱいスイングしているのが原因か、スライスやフックが出てしまう方がいます。
そのような方は、身体を回転させすぎなのかもしれません。

ボールを飛ばす秘訣は、身体を回転させることではありません。ヘッドを走らせることにあります。
そのような方のために、右足1本スイングをおススメします。

通常通りにアドレスしていただいたら、左足を引いてつま先立ちにします。
左足は地面につけている程度にしていただき、つま先には体重はほとんどかかっていない状態にします。

全体重は右足にかかるようにしてみて下さい。ボールは左サイドにセットしていただきます。
右足に体重が乗った状態をキープしたまま、スイングしてみて下さい。

右足1本で立っているわけですから、多少身体がぐらついてもかまいません。
思い切ってスイングしてみて下さい。この練習で、ボールをつかまえる感覚をマスターして下さい。

身体を回転しすぎてしまうと、ヘッドがボールに届かないので、身体のセンターでボールをつかまえる感じが分かると思います。
手首で振ろうとしないで下さい。ヘッドが遅れて出てしまい、スライスの原因になってしまいます。