吹けスライスとプッシュスライスの対処法


今回は、吹けスライスとプッシュスライスの対処法について、紹介したいと思います。

吹けスライスの対策としては、フォロースルーを低く長くすることによって、
ボールを押し出す感覚が必要になってきます。

方法の1つとして、右足を強く蹴り出して、身体をレベルターンしていくことが重要です。
そうすると、フォロースルーを低く長くすることができます。

この時の注意点としては、身体が開いてしまわないことと手首の使い方です。
高いボールを打ちたいと意識するあまり、身体が開いてしまったり、
身体が伸び上がってしまっては、ヘッドからボールへ運動エネルギーが伝わらず、飛距離が出ません。

ダウンブローで打ち込む感覚で大丈夫です。
そうすると、インパクトでフェイス面の下に当たったとしても、
ボールがフェイス面を登って、スイートスポットに当たるようになります 。

インパクトは、手首で行うのではなく、下半身で打ち込んでいく感覚を持って下さい。

プッシュスライスの原因として、身体がターゲット方向に流れてしまったり、
腰が引けてしまうことが考えられます。

このような原因の大元は、上半身が力んでしまい、
かつ下半身の緊張感が足りないことが挙げられます。
そのために上半身を支えることができず、上半身が流れてしまうのです。

そこで上半身を支えるために、ダウンスイングで、
左足の太ももの内側を緊張させてみて下さい。

ここを緊張させることによって、左サイドに壁ができて、
ボールに運動エネルギーをぶつけることができるはずです。