夏ラフからのアプローチ


今回は、夏ラフからのアプローチについて、 紹介したいと思います。

夏のラフは、急激に成長し、葉が強いので、 つかまってしまうと、厄介です。

夏ラフには、いくつかのパターンがあります。 完全に埋まってしまうパターンです。

完全に埋まってしまっている場合は、ヘッドを ボールの下に潜り込ませる必要があります。

ボールの下にリーディングエッジがうまく入り込まないと、 ボールの腹に当たってしまい、トップになってしまいます。

芝がヘッドに絡みつくので、しっかり振り切ることが大切です。 ヘッドの刃で、葉を切っていくことが重要です。

インパクトを緩めないようにして下さい。 ターゲットをオーバーしてしまうことを怖がっては いけません。

オーバーしてもいいやという気持ちで、 しっかりと振り切ります。ざっくりやチョロよりは はるかにましです。

フォロースルーを大きく取るようにして下さい。 腰の高さくらいまでは、振っていきます。

ボールは身体のセンターよりも右サイドに セットします。スイング軌道の最下点よりも 早めにボールをヒットすることによって、芝に 負けずに、振り切ることができます。

フェイス面は、飛球線に対して、スクエアにします。 スクエアに構えることによって、芝の抵抗に強くなります。 クラブを短めに持って、バックスイングはコンパクトにして下さい。