夏ラフからのアプローチ


今回は、夏ラフからのアプローチについて、紹介したいと思います。

ラフからのアプローチ攻略には、芝の長さも重要ですが、
ボールがどれだけ沈んでいるかがショットに影響してきます。

ボールの沈み具合を確認することが重要です。
ボールが芝に沈んでいるほど、ボールを右サイドにセットしていただいて、
体重は左サイドに荷重していきます。

バックスイングは、大きめにとっていきます。
バックスイングのテンポは、スローテンポで上げます。

トップからダウンスイングにかけては、ヘッドの重さで
クラブを落としてくる必要があります。

ボールが下にあるほど、芝の抵抗が強くなってきます。
フォローは、小さめになります。

手打ちでダウンスイングをしようとすると、
フォローを力づくで行おうとすると、
距離感が狂ってしまうので、注意して下さい。

ラフからのアプローチが苦手な方は、
バックスイングを内側に上げないようにして下さい。

すくい打ちにならないようにすることを重要です。
バックスイングが内側に上がってしまうと、
ダフリやすいので、飛球線の反対側に上がることが重要です。

すくい打ちが出やすい方は、ダウンスイングで、
右手を離して左手1本スイングをしてみると良いです。