大きくゆったりスイング習得ドリル


今回は、大きくゆったりスイング習得ドリルについて、

紹介したいと思います。

 

ゆったりスイングをマスターする際に、

手首をゆっくり動かしても、シャフトをうまく

しならせることはできません。

 

ヘッドスピードも上がることはできません。

インパクト直前で身体の回転を止めて、

シャフトのしなりが戻ってくるのをじっくり待つのが

ゆったりスイングです。

 

シャフトのしなりを十分に利用すると、

ゆったりスイングで、飛距離を十分に

伸ばすことができます。

 

ゆったりスイングをマスターするためには、

手首の使い過ぎは禁物です。

 

かといって手首の力を抜けと言っても、

なかなか抜けるものではありません。

 

自然と力を抜くためには、右手の親指と

人差し指2本のグリップから離します。

そうすると、手首の力を抜くことができます。

 

次の切り返しのタイミングです。

トップから切り返しが早すぎると、

身体が早く開きすぎてしまいます。

トップから最初に左足を踏み込んで、

十分にタメを作って、そのあとに

クラブが下りてくるのを待ちます。

 

最後に左手1本素振りです。

左手だけでボールを打つためには、

ダウンスイングで身体が早く開きすぎず、

正面を向いた状態で、スイングをしていく必要があります。

 

ゆっくり左腕リードでスイングしていきます。