女子プロに学ぶスイングテクニック②


今回も、女子プロに学ぶスイングテクニックについて、紹介したいと思います。

3.アイアン
アイアンで、重要なのはタイミングです。タイミングが崩れると、
スイングが崩れ、軸をずれてしまいます。

タイミングを一定にするには、ハーフスイングで練習することです。
タイミングが崩れると、ハーフスイングでも当たりません。

肩の高さまでのスイングを何回も繰り返して、タイミングをつかんだら、
だんだんスイングの幅を大きくしていきます。

4.アプローチ
アプローチでは、無理やりフォロースルーを出さないことです。
飛距離に合わせて、バックスイングしたら、あとはヘッドの重みに任せて、
打つだけです。トンという感じです。

ヘッドの重みに腕がついていく感じです。
フォロースルーは、自然にとれてしまう感じです。

アプローチでは、下半身の動きは禁物です。
手首の角度は変えてはいけません。

5.パッティング
芯で正確にボールを捉えるためには、身体を動かさないことです。
身体を動かしにくくするためには、スタンスを広めにとることです。

スタンスが広くなれば、下半身は安定して、上半身が強くなり、
ヘッドがカット気味に入ることを防いでくれます。

身体が動かなければ、ヘッドは自然とアドレスの位置に戻ってきます。