寄せるアプローチはオープンスタンス


今回は、寄せるアプローチはオープンスタンスというテーマで、紹介したいと思います。

アプローチのアドレスですが、スタンスはオープンになります。
オープンに構えたら、スタンスの方向に沿ってスイングします。

スタンス方向に沿ってスイングすると、フェイス面にボールが乗っかってくれて、
運ぶようなスイングができるようになります。

フォロースルーでのヘッドの方向ですが、ターゲットよりも左側になります。
ヘッドがターゲット方向に向いてしまうと、手首が体から離れてしまいます。

体の回転に合わせてヘッドが移動することで、体と腕が一体化して、
回転量に比例した飛距離を出すことができます。

フォロースルーでは、フェイス面をクローズドにする感覚をもってみると良いです。
手首は、力を抜くようにして下さい。手首に力が入ってしまうと、上半身に力が入るので、注意してください。

ヘッドスピードを一定にするためには、腕をリラックスして、
ヘッドの重みを利用してスイングするようにして下さい。

両肩と手首を結んだ三角形を意識するよりは、ヘッドの重みを意識したほうが、スイングに安定感が出てきます。
スイング中に頭がターゲット方向に動いてしまうと、インパクトがずれたりゆるんでしまうので、
頭の位置はキープするようにして下さい。