寄せるランニングアプローチ


今回は、寄せるランニングアプローチについて、紹介したいと思います。

ランニングアプローチで寄るかどうかの基準は、 2つに分けることができます。

ピンまでの距離、そこまでのアンジュレーション、 自分の技術レベルです。

ピンまでの間に、バンカーや池がある場合は、 当然狙うことはできません。

多くのゴルファーの場合は、ショートアイアンで、 40ヤードが限界かと考えられます。

グリーエッジから5ヤードの範囲内に、 ボールがあれば、大丈夫です。

これ以上の距離になってしまうと、打つことはできますが、 ランニングアプローチでは、正確性が激減してしまいます。

アンジュレーションは、必ずしも平らである必要はありません。 しかしラフが深くなってしまうと、厳しくなってしまいます。

芝が剥げていたり、ディボットなどで、サンドウェッジや パターでは難しい場合は、ランニングアプローチが有効です。

ランニングアプローチを打つと決断したら、迷わずに ボールの軌道をイメージして下さい。

ランニングアプローチのスイングテンポは、 常に一定をこころがけます。

インパクトでボールを当てにいってしまうと、 パンチショットになってしまい、 距離感が安定しなくなるので、注意して下さい。