寒い時期のスイング修正方法初級編


今回は、寒い時期のスイング修正方法初級編について、紹介したいと思います。

朝早いスタートで身体が硬くてスムーズな動きができない、練習でのスイングができない。
そうなるとミスショットの可能性が多くなってきます。そのような時のための修正方法が必要になってきます。

まずはストレッチです。どんなレベルのゴルファーでも重要な準備になってきます。
ストレッチは全身をバランスよく行う必要がありますが、身体の捻転をスムーズにするためには、肩甲骨周りが重要です。

足を肩幅の倍くらいに開いて、腰を落として膝を曲げて下さい。
膝に手をついて、顔を上に向けて、上体をねじって下さい。

ストレッチを十分にしたら、無理に身体を回そうとしないで、身体が回る範囲内で、スイングしていきます。
無理に身体を捻じってしまうと、身体の軸が動いてしまい、ミスショットになってしまいます。

トップで右足に十分に体重移動していただいて、前傾角度を維持した状態で、フォロースルーまで持って行ってください。
身体の軸を動かさないようにするためには、ダウンスイングからフォロースルーにかけて、
頭がボールより飛球線方向に出ないようにして下さい。

トップで体重が右足に乗った時に、身体が伸びないようにして下さい。
ミスショットの原因になります。アドレス時の身体の角度を維持し続けて下さい。