寒い時期のスイング修正法上級編


今回は、寒い時期のスイング修正法上級編について、紹介したいと思います。

シングルハンディの方々のような上級者になると、気温が低かったり、身体が硬くても、
様々な対応策を持っていると思います。

上級者であれば、芝が薄くなっていたり、土が見えているライでのショットが必要になってきます。
アイアンを使って、フルスイングもしくはコントロールショットをする際、ライが悪いと判断した時に、
ダフリを防ぐために、ダウンブローで打っていきたくなると思います。

しかしこの方法は、逆効果です。ライが悪い時ほど、ヘッドの軌道を低く長くしていく必要があります。
ダウンブローでは、ヘッドの先が地面に埋まってしまい、ミスショットになる危険性があります。

地面が硬い時は、ヘッドのソールが滑るように、低く長いスイング軌道でスイングすることが重要です。
滑らせるスイングによって、多少のダフリの影響が最小限になり、ボールを打つことができます。

アドレスでは、フェイス面を若干オープンにしていただいて、ソールを接地させてください。
ソールを設置させることによって、低く長いスイング軌道にすることができます。

手首は左サイドの太ももの前にセットして下さい。手首の角度は、最後まで維持するようにして下さい。
フルショットでは、左わきを締めてスイングして下さい。体重配分は、50対50です。

アプローチでは、両肩と手首を結んだ三角形を維持しながら、
左腕でクラブを引っ張っていくイメージで、スイングして下さい。