寒い時期のスイング修正法中級編


今回は、寒い時期のスイング修正法中級編について、紹介したいと思います。

寒い時期は、気温が低いだけでなく、風が強くなります。気温が高くても夕方になれば、風が強くなってきます。
中級編では、風に負けないようにボールの高さをコントロールしていきます。

どんなクラブでも共通する点は、ボールをセットする位置です。
通常の位置よりも右側にセットし基準は、普段よりボール1個分右側にセットします。

ボールの位置を変えるだけでも、ロフト角が急角度になって、低いボールを打つことができるようになります。
さらに別の方法も試してみましょう。スイング軌道に修正を加えていきます。

インサイドアウトにしていきます。ダウンスイングでインサイドからクラブを下ろしてくることによって、
低いスイング軌道でインパクトを迎えることができます。

低いスイング軌道によって、ボールの回転量が増え過ぎないようにすることができます。
低いボールに加えて、風に強い球筋になってきます。スイング方法ですが、
インパクト後は、低く長いスイング軌道にする必要があります。

低く長いスイング軌道にするためには、両腕を曲げないようにして、手首を身体から離していく必要があります。
手首は必要以上に使わないことが重要です。トップからダウンスイングにかけては、体重は右足に残しておきます。

ヘッドを低く入れることができます。左足に体重を乗せてしまうと、ボールが高く上がってしまうので、注意して下さい。