左に振り抜くことのメリット


今回は、左に振り抜くことのメリットについて、紹介したいと思います。

ゴルファーの中には、飛距離が出なくて困っている方が多いと思います。
しかし以前と比べれば、クラブやボールが進化して、飛距離は出やすくなっています。

ここに落とし穴があります。飛距離が出るようになると、もっと飛ばしたいと思ってしまい、
スイングを崩してしまうことがあります。飛距離を出すためには、ヘッドスピードを上げたいと思ってしまい、
手首をこねてしまいます。

手首を使い始めてしまうと、手と身体の動きに一体感がなくなってしまい、かえって飛距離が落ちてしまいます。
手と身体を一体化させて打つには、胸をターゲット方向に向けていただき、身体を回転させることに注意していきます。

一体化させるためには、左わきを締めていただき、フォロースルーでは左側に引っ張っていくことです。
そうすると、ボールをしっかりと捉えることができます。ボールをしっかりと捉えるためには、
フェードボールを打つ時でも、フェイス面がオープンになってはいけません。

フェードボールを打つ場合、フェイス面がストレートになることはあっても、オープンにしてはいけません。
バックスイングでもフェイス面をオープンにしてはいけません。