左ひざとフォロースルー


今回は、左ひざとフォロースルーについて、紹介したいと思います。

身体が水平に動くことができたら、クラブヘッドも水平に動かすことができます。
スイング軌道を低く長く描くためには、左ひざの動きがポイントになってきます。

インパクトからフォロースルーに移っていく際に、左ひざが伸び上がってしまう動きは、
ダフリの原因になってしまいます。

左ひざを曲げてインパクトを迎えるスイングは、ダフリを防ぐことができます。
左ひざを曲げて打つと、水平にヘッドを移動させることができます。

ヘッドが水平に動くと、ソールが芝の上を滑ってくれて、
ヘッドスピードが上がってくれます。

ヘッドがフォロースルーで、腰の高さあたりまでくるまでは、
左ひざを伸ばさないようにします。スイング軌道が低く長くなってきます。

ここでゴルファーの方の中には、疑問を持たれる方がいるかもしれません。
インパクトで左ひざを伸ばすことによって、壁を作ることができるのでは?

このケースは、ティアップして打つドライバーであれは、有効な方法です。
ドライバーは飛距離が必要になってくるので、左ひざの伸ばしが必要になってきます。

しかしアイアンは飛距離よりも方向性が重要になってきます。
アイアンショットでは、左ひざの角度をキープすることによって、
方向性が安定してきます。