左サイドにOBがある時のドライバーショット


今回は、左サイドにOBがある時のドライバーショットについて、紹介したいと思います。

左サイドに障害物があるときは、多少スライスになっても良いので、
ひっかけだけは、注意が必要になってきます。

引っかけをださないためには、身体の回転をし続けることです。
身体の回転を維持することができれば、フェイス面の向きが狂うことはありません。

引っかけが出る可能性をかなり減らすことができます。
バックスイングからダウンスイングにかけて、左肩を主導で動かすと、
身体の回転がしやすくなります。

左肩とヘッドの動きを一体化させて打つと、
フェードボールを打ちやすくなります。

フェイス面が急激に返ってしまう動きは禁物です。
フェイス面の角度を一定にするには、左肩を主導で動かして下さい。

肩と身体の動きを一体化させるには、右手首の角度を一定に保つことが重要です。
フェイス面の角度をコントロールしているのは右手首なので、
右手首の角度を一定にすれば、フェイス面の角度を一定にできます。

アドレスした時に、上体が猫背になってしまうことは禁物です。
胸を反らせることによって、身体の軸を中心とした回転運動がしやすくなります。

フォロースルーからフィニッシュにかけて、右足を地面につけすぎていると、
身体の回転が止まってしまうので、フィニッシュではつま先を立てるようにして下さい。