左右に曲がりにくいフェアウェイウッド


今回は、左右に曲がりにくいフェアウェイウッドの打ち方について、
紹介したいと思います。

フェアウェイウッドに限らず、ゴルフのスイングは、左サイドを重視します。
しかし左サイドを重視するのは、結構大変なものです。

そこで、大変な左サイドではなく、利き腕である右サイドを使って、
スイングした方が、スイングしやすくなります。

シャフトが長いフェアウェイウッドでは、
身体の右サイドの回転をうまく使うことによって、
ストレートボールを打ちやすくなります。

スイングの注意点としては、ヘッドの動きを急に早くしないことです。
急に早くしてしまうと、スイング軌道が狂いやすくなるからです。
ヘッドの動きは、徐々に早くすることが重要です。

ヘッドの動きを徐々に早くするためには、右肩と右ひじを等速度で、
スイングすることです。身体の動きが、スムーズだと、
手打ちにならないで、フォロースルーがスムーズになります。

フォロースルーで、右肩をターゲット方向に回転させる際は、
頭までターゲット方向に流れないようにすることが大切です。

そうすると、スイング軌道が、インサイドインになってきます。イ
ンサイドインの軌道は、効率的にボールにヘッドの力を伝えることができて、
シャープなスイングになります。

高いボールを打とうとする意識が強すぎると、
スイング軌道が、アウトサイドになってしまうので、注意して下さい。

インパクトの時は、胸がボール方向に向くようにして下さい。
胸がターゲット方向に向いてしまうと、フェイス面が開いて、
スライスの原因になってしまいます。