左右対称の動きで、ボールを打つ練習方法


今回は、左右対称の動きで、ボールを打つ練習方法について、紹介したいと思います。

スライスで悩んでいるゴルファーの方々は多いと思います。
スライスを直すためには、左右対称が大切です。
左右対称にするためのポイントは、スイングを横ぶりにすることです。

ひざの高さにボールがあるとイメージしていただき、
ひざにあるボールを打つ感じでスイングすると、スライスが直ってきます。

横ぶりができてくると、スイングプレーンが安定してきて、クラブに遠心力が生まれます。
逆にトップで手首の位置を高くしてしまうと、スイング軌道がアップライトになってしまい、
アウトサイドからクラブが入ってしまい、スライスの原因になってしまいます。

横ぶりでの注意点は、バックスイングでの手首は、身体の近くに小さく上げてくることです。
腕が力んでしまう時は、練習器具として販売されているゴムシャフトを使って素振りをしてみてください。

シャフトが身体に巻きつく感じが出てくれば大丈夫です。
ダウンスイングで、ヘッドを長く芝に接触させる練習方法もオススメです。

縦ぶりではなく、横ぶりでスイングしていただき、インサイドアウトの軌道を意識して、
低く長いインパクトを作ってみて下さい。この練習によって、
インパクトで長くボールを捉えることができて、スライスが減ってきます。