左手小指グリップだけグリップ


今回は、左手小指グリップだけグリップについて、紹介したいと思います。

グリッププレッシャーをゆるくして、ヘッドの重量感を感じてスイングできれば良いですが、
あまりにも力が抜け過ぎてしまい、ヘッドスピードが上がらないと思っている方はいませんか。

そのような場合は、左手小指だけスイングをオススメします。
身体には全身に神経が通っていますが、その中でもたくさんの神経が通っているのが、指です。

指は非常に繊細な動きをすることができます。繊細な動きができる場所は、
プレッシャーの影響を受けやすくなります。プレッシャーの影響を受けにくくするために、
グリッププレッシャーを緩めます。

しかしグリッププレッシャーを緩めにしてしまうと、インパクトで緩みそう、
クラブがすっぽ抜けてしまいそうな方がいると思います。

心配な方は、左手の小指だけで強く握るようにします。
小指は、腕の筋肉を経由して、肩甲骨につながっています。

これらの筋肉は緊張しても問題ありません。むしろ飛距離を伸ばすために、必要な筋肉です。
グリッププレッシャーは、パターからドライバーまで基本的に同じです。

左手小指グリップによって、上体の突っ込みを防ぐこともできます。