左手1本スイングで強いインパクトを作る方法①


今回は、左手1本スイングで強いインパクトを作る方法について、紹介したいと思います。

ゴルフは、本来両手でクラブを握って打ちますが、正確かつ強いインパクトを
作るためには、片手でスイングする練習が有効です。

ゴルファーのほとんどが、右手が利き手だと思います。
ということは、左手が比較的弱いことになります。

左手1本打ちスイングは、左手を強くしてくれるので、
短期間での上達が期待できます。

強いインパクトを作るためには、手首を低くして、
脇を締めることが大切です。この動きによって、強いインパクトが生まれます。

そのためには左手を強くすることが大切です。
左手が強くなれば、引っ張る力が強くなり、
手首のコックをぎりぎりまでほどくことがなくなり、
左肩と手首を上がってしまうのを防ぐことができます。

脇が開いて、手首が伸びてしまうと、ダウンブローで打つことができず、
強いインパクトを作ることができません。

左手がどのくらい強いかチェックする方法があります。
地面にマットを引いて下さい。マットの前に通常通りのアドレスをとります。
左手1本で素振りをしてみて下さい。右手は、左肩を触っていてください。

もしマットをこすることができたら、大丈夫です。
左手が弱いと、手首が伸びて、左肩が上がりやすくなってしまいます。