左手1本打ちで強いインパクトを作る方法②


今回も、左手1本打ちで強いインパクトを作る方法について、紹介したいと思います。

左手が弱い方のための練習ドリルを説明させていただきます。
左手強化ドリルで左手を強くするためのポイントは、
左脇を締めることと左肩が上がらないように回転させていくことです。

クラブを左手1本で持って、通常のアドレスを取ります。
フェイス面は、若干オープンにします。

マットにゴムティを設置して、ゴムティを打っていきます。
ゴムティに当たる瞬間に、フェイス面を閉じて、スクエアに戻していきます。

スイング幅は、腰から腰までの高さにします。
インパクトでフェイス面を閉じることによって、
フォロースルーで左手を低く長く出しやすくなります。

左脇が空かないようにして、左肩を低くして、回転していきます。

左手1本打ちが慣れてきたら、グリップをクロスハンドに握ります。
クロスハンドとは、通常のグリップとは逆に、
右手をグリップエンド側、左手をシャフト側に構えるグリップです。

最初からボールに当てるのは難しいですが、
何回も練習するとボールに当たるようになってきます。

この練習によって、左脇を締めることができるようになって、
手首を低い位置に置くことができて、低く長いフォロースルーを出せるようになってきます。