左肩をキープすることによって起き上がりを防ぐ


今回は、左肩をキープすることによって起き上がりを防ぐというテーマで、紹介したいと思います。

身体の起き上がりを防ぐためには、頭の位置をキープすることが重要です。
しかし頭の位置を気にしすぎてしまうと、バックスイングで、
左サイド前方に身体が倒れてしまい、ダウンスイングでは、
後方に反り返ってしまうギッタンバッコンになってしまいます。

起き上がりを防ぐためには、頭の位置を気にするのではなく、肩の位置を気にするようにしてみて下さい。
バックスイングでは、頭の位置ではなく、左肩を地面と水平に回すようにしてみて下さい。

そうすると頭の位置を気にすることなく、自然と起き上がりが防止されます。
バックスイングからダウンスイングにかけては、右ひざが左ひざに寄っていくような感じになると良いです。

アドレスでは、足の指を大いに活用して下さい。足の指で地面をつかんで下さい。
前傾角度をキープして、起き上がりを防ぐことができます。
起き上がりを防ぐうえで、つま先に体重をかけることは鉄則です。

つま先に体重がかかりにくい方は、かかとを靴底から離すイメージを持つと良いです。
他には左の股関節にシャフトを挟んで、身体を捻転させてみて下さい。
フォロースルーの段階で、シャフトを挟めたら、起き上がりが起きていない証拠です。