左肩甲骨とボール位置


今回は、左肩甲骨とボール位置について、紹介したいと思います。

どのクラブで打っても、いつも同じような飛距離だとしたら、
ボールのセットする位置が、右サイドすぎる可能性があります。

8番以上の短いクラブであれば、
ボールを右サイドにセットして上からのダウンブローで、
距離を出すことができます。

しかし5番以下の長いクラブは軽いので、
ダウンブローで打つと、距離が伸びないことがあります。

ならボールを左サイドにセットすれば良いかというと、
そういうわけでもありません。

ボールを左サイドにセットしてしまうと、
上半身も左方向に流れていってしまうからです。

スタンスに合わせてボールをセットすると、
足の開き具合、上半身の前傾角度、ひざの角度によって、
ボールの見え方が変わってしまいます。

ボールを動かさないで、左の肩甲骨の真正面に、
ボールが位置するように、上半身を右側に傾けてみて下さい。

そうすると、自然に身体のセンターよりもボールが、
左サイドにセットされてきます。

肩甲骨は、約10センチの幅を持っています。
この範囲内にボールをセットしてみて下さい。

上半身の傾きを変えることによって、ボールとの位置関係を変えていきます。
そうすると、クラブロフト角に応じた距離を打ち分けることができます。

ボールを左サイドにセットしている方々には、
実践しやすいので、おすすめです。