左足の位置とボール位置


今回は、左足の位置とボール位置について、紹介したいと思います。

練習場では、ナイスショットを連発できても、コースは打つと、
ミスショットが連発してしまうことはありませんか。

この原因として、景色の影響があります。練習場の景色は毎回同じですが、
コースでは、1打ごとに景色がガラッと変わります。

景色が変わると、両足のライン、ひざのライン、肩のラインが、狂いやすくなります。
ラインが狂ってしまうと、ボールをセットする位置まで変わってしまいます。

コースに出てもラインやボールをセットする位置を一定にするためのポイントは、
左足の使い方にあります。多くのプロゴルファーは、左足を引いてから、ボールをセットしています。
左足を引くことによって、スタンスをストレートにしていきます。

多くのゴルファーの方々は、ボールにしっかり当てたい、
ボールを遠くへ飛ばしたい気持ちが強すぎるため、
ターゲットよりも右側に向いてしまうことが多いです。

右側に向いてしまうと、ボールの位置も右側に向いてしまいます。
そうするとミスショットが多くなってきます。

このような場合、ボールに当てにいくよりも
フォロースルーを意識すると良いです。

フォロースルーを意識するためには、一旦左足を引いて、オープンスタンスに構えます。
オープンスタンスに引いて、フェイス面を飛球線に合わせます。

飛球線に合わせたら、左足、右足の順番で、アドレスを合わせていきます。
そうすると、アドレスをストレートに構えることができます。