左足下がりからの攻略法


今回は、グリーンまで約100ヤード、左足下がりからの攻略法について、
紹介したいと思います。

グリーンまで100ヤードだと、比較的簡単に乗せられるような気がしますが、
左足下がりだと、トップやダフリの危険性がグーンと増します。

左足下がりだと、どんなフォームになりやすいかというと、
ボールを上げたいという気持ちが強くなりすぎて、傾斜とは
反対の右肩下がりになってしまい、トップやダフリが多くなります。

右肩下がりの他には、目線が高くなってしまったり、
クラブ選択が短すぎることにあります。

クラブ選択ですが、1番手大きいクラブを使います。
フラットな斜面で、ピッチングウェッジであれば、
左足下がりでは、9番アイアンを使います。
左足下がりではフルスイングをすることはできませんので、
距離感に余裕を持ったクラブ選択をします。

目線は低くして、斜面と平行に構えるようにします。
体重配分を左足に多めにかけるようにすると、
斜面と平行になります。左足:右足=3:7くらいが良いでしょう。

ボールは、身体の真ん中よりボール1個分左側にセットします。
左足のつま先は、普段より若干開くようにします。

つま先を開くことによって、腰が回りやすくなり、フォロースルーを
低く長く保てるようになります。

左足下がりのスイングのポイントは、左足に体重を乗せたままスイングすることです。
両肩のラインは、傾斜に対して平行のままです。

スイング軌道は小さめになります。注意点としては、
手打ちになりやすいので、左肩をあごの下まで入れてくることが大切です。

左肩があごの下までくれば、きちんと捻転していると言えます。
左肩が入ってこないと、手打ちになり、トップの原因になります。

逆にオーバースイングでも、ダフリやトップの原因になります。
トップの時の手首の高さは、右肩と同じくらいになります。

ダウンスイングは、斜面に沿って降ろしてくる感じです。
手首の角度を維持したまま、スイング軌道は、低く長く、飛球線方向に
真っ直ぐスイングしていきます。

フォロースルーでは、ほぼ全体重が乗るようにして下さい。

ボールの落としどころは、グリーン手前です。
グリーン手前から、ボールを転がしてグリーンに乗せるマネージメントが、
安全確実です。

左足下がりのショットの練習法は、右足のかかとを浮かせた状態で
素振りをする方法があります。

左足一本で身体を支えて、バックスイングからフィニッシュまでもっていきます。
スイング中に身体がよろけなければ、正しいスイングができていると言えます。