左足下がりのアプローチ


今回は、左足下がりのアプローチについて、紹介したいと思います。

左足下がりのライは、ボールの後ろ側が高くなっているために、
ミスショットが出やすいやっかいなライです。

正確にアプローチするためには、アドレスのとり方が
重要になってきます。

アプローチのポイントは、クラブを短めに持つことです。
ボールを右サイドにセットしていただいて、
左足に重心を置きます。

左足下がりでは、ダフリを防ぐために、
もっと右サイドにボールをセットします。
右足寄りのさらに右サイドに置いていきます。

あとは、通常のアプローチと同じになります。
重心を意識する必要はありません。

ヘッドを地面につけるときのポイントは、
ソールを全部地面につけることなく、
ヒールを少し地面から離します。

ヒールを離すことによって、インパクトで
ヒールが地面に引っかかることを防いでくれます。
ヘッドを無理なく振り抜くことができます。

インパクトポイントは、ヘッドの真ん中にして下さい。
ボールを右サイドに置いている分、ボールが右に行きやすくなります。

ターゲットより若干左サイドに向いておくと良いでしょう。
アドレスでは、ハンドファーストをキープしていただき、
ハンドファーストをキープしたままインパクトして下さい。