左足下がりのバンカーショットスイング編


今回は、左足下がりのバンカーショットスイング編について、紹介したいと思います。

左足下がりのショットの多いパターンは、バックスイングで手首を使わないで、
上げてしまい、スイング軌道がインサイドアウトになってしまうことです。

平坦なライであれば、ボールが出るかもしれませんが、左足下がりだと、
ボールの手前にヘッドが落ちてきてしまい、ダフリの原因になってしまいます。

バックスイングでは、手首を積極的に使います。手首を使うことによって、
スイング軌道がアップライトになり、上半身のずれを防ぐことができます。

手首を曲げる角度は、90度です。90度曲げることによって、
バックスイングがしやすくなり、エクスプロージョンショットがしやすくなります。

左足下がりでは、ボールの先は下っているので、クラブをアップライトに
入れてくる必要があります。そのためには、スイング軌道をアウトサイドインに
する必要があります。

アウトサイドインの軌道になると、ボールの通り道は、
ヘッドのヒールからヘッドのトウになり、斜めの軌道になります。

バックスイングは、手首を曲げて腕で上げていきます。
腕を使うことによって、上半身がずれることなく、ヘッドが落ちるポイントを
安定させることができます。

肩を使ってしまうと、腰も回転してしまい、スイング軌道がインサイドになってしまうので、
注意して下さい。