左足下がりのバンカーショット


今回は、左足下がりのバンカーショットについて、紹介したいと思います。

バンカーショットで最も難しいライは、左足下がりのバンカーショットです。
バンカーショットの基本は、ボールの3センチ下の砂を取ることにあります。
3センチ下の砂を取るためには、傾斜に沿ってスイングすることが重要です。

どんなライであっても、傾斜に対して垂直にアドレスすることが重要になってきます。
バンカーで傾斜に対して垂直に立つためには、砂に足をめり込ませることが重要になってきます。

左足を砂の中に、めり込ませていきます。傾斜に対して、垂直にならないと、
トップしてしまうことが多いので、注意して下さい。垂直にアドレスすることができれば、
左サイドに体重移動しやすくなり、頭が突っ込んでいくので、砂を取りやすくなります。

この時、頭は突っ込んで構いません。頭を突っ込ませることによって、
フォロースルーが低く長くなり、高いボールを打つことができます。
頭を残してしまうと、体重が右サイドに残ってしまい、トップしやすくなるので、注意して下さい。

下半身を安定させるためには、両足を地面にめり込ませてください。
めり込ませると、砂が硬くなって、下半身が安定しやすくなります。