左足下がりのバンカーショット


今回は、左足下がりのバンカーショットについて、紹介したいと思います。

多くのゴルファーの方々にとって、バンカーショットは難しいショットの1つだと思います。
さらにライが左足下がりだと、さらに難易度は上がると思います。

上げようとすると、トップ。打ち込み過ぎてダフリが多いシチュエーションです。

分かりやすくするために、シチュエーションを設定したいと思います。
グリーン手前のアゴは低めのバンカーに入ったとします。

ピンまでは、大体20ヤードくらいです。左足下がりで多いパターンが、ボールの位置です。
アドレスした時に、ボールを左サイドに置きすぎてしまうと、
ダウンスイングで状態が突っ込んでしまい、スイングが苦しくなってしまい、
インパクトで手首を使ってしまい、ダフリやトップの原因になります。

左足下がりのライでは、確かに傾斜に沿ってアドレスをとりますが、
身体全体を左に傾けてしまうのは、NGです。

左足下がりでは、ボールの位置は、若干右サイドにセットします。
左サイドに置きすぎると、砂を取りすぎてしまいます。

スタンスは、オープンにします。足を開くことによって、
スイングが苦しくならず、楽にフォロースルーをとることができます。
スイング軌道は、アウトサイドインに自然になるので、
ボールが上がりやすくなります。

傾斜に沿って構えるのは、あくまで下半身だけです。
足は、左足に重心を置きますが、両肩のラインは、地面と平行にします。