左足下がりのバンカー対策


今回は、左足下がりのバンカー対策について、紹介したいと思います。

左足下がりのライは、ボールを上げにくいため、多くの方々が、
苦手意識を持たれていると思います。

無理にボールを上げようとしてしまうと、右足に体重がかかったままになってしまい、
右肩が下がり、トップしやすくなってしまいます。

左足下がり攻略法としては、右足を後方に動かしていただき、
クローズドスタンスにすることです。

クローズドスタンスにすることによって、
スイング軌道を確保し、傾斜角を少なくすることができます。

もしストレートスタンスにしてしまうと、
バックスイングとダウンスイングでスイング軌道が確保できないので、注意して下さい。

スイングは、手首を積極的に使っていきます。
バックスイングでは、手首を使って、上げる感じです。

ダウンスイングでは、コックをすぐにほどかないようにして、
グリップエンドを砂に刺すように、シャフトを立てて下ろしてきて下さい。

またダウンスイングでは、右足に体重が残らないように、
一気に左足に体重移動をしてください。そのまま勢い余って、
右足が出てしまうくらいで大丈夫です。
そうすると、傾斜に沿ったフォロースルーをとることができます。

右足が出てしまうくらい体重移動してしまうと、
強いボールが出てしまいそうですが、砂を適度にとってくれるので、
柔らかいボールを打つことができるようになります。