引っかけやスライスの原因


今回は、引っかけやスライスの原因について、紹介したいと思います。

引っかけやスライスに悩んでいる方々は、対策としてスイング軌道を寝かせて、
インサイドからダウンスイングをしようとします。

しかしスイング軌道が横になっているだけで、
アウトサイドインの軌道になっている隠れカット軌道なのです。

隠れカット軌道は、スイング軌道が不安定になりやすく、
球筋が左右にぶれてしまいます。飛距離も伸びてくれません。

隠れカット軌道の原因は、身体の捻転が不十分で、
手首を下ろしてくる空間がないことです。

隠れカット軌道を修正するには、アップライトなスイング軌道にして、
手首を真下に下ろしてくる感覚が必要です。

1.カット系スライスと引っかけ対策
ヘッドの重みを体感することが大切です。重みを体感するためには、
グリップの力加減が大切になってきます。

右手の親指と人差し指で強く握ってしまうと、
腕の力が抜けずに、ヘッドの重みを感じることできません。

ヘッドの重みを感じるためには、左手の中指、薬指、小指の3本で握っていただき、
右手は、グリップに触る程度で大丈夫です。
左手の人差し指の力を同時に抜くことができたら、ベストです。

2.プッシュ系スライス対策
プッシュ系スライスを防ぐには、身体の前傾角度が大切です。
前傾角度が深すぎると、身体を十分に捻転させることが難しく、
結果的に身体が起き上がってしまいます。

最後まで捻転な可能な前傾角度を見つけ出して下さい。

さらに最後まで前傾角度を見続けるためには、
インパクトからフォロースルーにかけて、ボールを見続けることが大切です。
見続けることによって、フェイス面が開くことを防いでくれます。