強い風に負けないスイング


今回は、強い風に負けないスイングについて、

紹介したいと思います。

 

アッパーブローで打つ際の注意点は、

知らず知らずのうちに、ぎったんばっこんになっていることです。

 

アッパーブローは、手首で調整するのではなく、

正しい身体の使い方をしていれば、自然に

アッパーブローになっていきます。

 

自然なアッパーブローにするためには、

右足の前にボールがあるとイメージしてみて下さい。

 

ダウンスイングで、右足の前にあるボールを

打っていくイメージを持ってみて下さい。

 

右足の仮想ボールを打つためには、身体が飛球線方向に

突っ込まないように、踏ん張ることが重要です。

 

またコックをぎりぎりまで維持することも大切です。

そのためには、ダウンスイングで体重を左足に移動しないで、

右足に残したままにすることです。

 

右足に体重を乗せたまま、身体を回転していきます。

そうすると手首の軌道が低く保たれます。

 

右足の前の仮想ボールを打つイメージによって、

実際のボールを打つときは、若干アッパーブローになり、

スピン量を抑えた高いボールを打つことができるのです。

 

バックスイングでは、しっかり肩を回して下さい。

無理に体重移動をする必要はありません。

 

肩を回せば、自然と体重が移動していきます。

手首のコックはでききるだけ維持して下さい。