手と身体で一体化スイング


今回は、手と身体で一体化スイングについて、紹介したいと思います。

ミスショットを何回もしてしまうと、自然に手打ちになってしまいます。
手打ちがダメなことは分かっているので、身体の捻転を意識して打とうとしても、いまひとつ・・・。

手打ちではナイスショットが出ないことはもちろんですが、
身体の捻転を気にしすぎてもクラブが遅れて降りてきてしまいます。

手と身体の一体化スイングでは、身体の捻転を気にしすぎることはNGです。
一体化スイングのポイントは、バックスイングで十分に状態を捻転させることです。

調子が悪くなってくると、捻転の割合がいつもの7~8割くらいになってきます。
捻転がいつもより浅くなってしまうと、ダウンスイングで当てにいく打ち方になってしまいます。

バックスイングで十分にねじり上げることができるようになると、
ダウンスイングでは勝手に手と身体が一体化スイングになってきます。

体が十分に捻転できていると言える基準は、アドレスに対して両肩が直角であることです。
背中が飛球線方向に向いていれば、直角に捻転できていると言えます。

ダウンスイングのきっかけは自然に下半身になってきます。
上体が十分にねじれていれば、腰を速く回転させても、
手と身体の一体化スイングが崩れることはありません。