手の大きさとスイング


今回は、手の大きさとスイングについて、紹介したいと思います。

手の小さい方は、スイング軌道をフラットにすると良いです。
体重移動を活用して、身体の軸を左右に移動させます。

スイング軌道をフラットにするようにします。
そうするとオンプレーン軌道を維持しながら、スイングすることができます。

イメージとしては、野球ボールを下からターゲットに向かって、投げていく感じです。
スイングの終わりは、文字通りフィニッシュであって、インパクトは通過点である意識を持って下さい。

フェイス面の回転を最小限にしたいので、左手はスクエアかウィークグリップにします。
右手は重要なポイントです。手の平で握ることによって、
クラブの重みを感じて、右手の人差し指でクラブを吊るようにします。

手の大きい方は、アップライトスイングがおススメです。両手の指を中心にグリップしていきます。
指を中心にグリップすることによって、手首のコックを活用しやすくなります。

ダウンスイングでは、クラブヘッドをボールに向かって、投げつけてあげる感じを持って下さい。
手の平で握ってしまうと、手首のコックを使いにくくなってしまうので、注意して下さい。

手首のコックを使えれば、スイングにタメを作ることができます