手打ちが一概に悪いとは言えない理由


今回は、手打ちが一概に悪いとは言えない理由について、紹介したいと思います。

手打ちと言うと、誰でもやってはいけない方法の代表格のイメージを持つと思います。
しかし、必ずしも手打ち全てが悪いわけでは、ありません。

手打ちをしてはいけないところで、手を使うことには問題がありますが、
手を使うべきところを使わないと、ボールは真っ直ぐに飛んでくれないのです。

最初に手を使ってはいけない所を説明します。
ックスイングで手を使ってはいけません。手を使ってしまうと、
スイング軌道が、地面と平行になってしまい、捻転が不十分になってしまいます。

上体の上下動が大きくなり、スイング軌道もずれやすくなります。

ダウンスイングで、手を使ってしまうことも禁物です。
手を使ってしまうと、右足から左足への体重移動がうまくいかず、
手首のコックもほどけやすくなり、スライスが出やすくなります。

フォロースルーで手首を返し過ぎてしまうことも要注意です。
バックスイングやダウンスイングで手を使いすぎると、フォロースルーでも
手を使いやすくなってしまいます。

手を使いすぎてしまうと、それに反比例するように身体の捻転を使えなくなり、
チーピンやひっかけの原因になってしまいます。

しかし、手を使うべき時に手を使うことができれば、ボールをしっかり捕まえることができます。
では、手をいつ使うかと言うと、インパクトの時だけ手を使います。
それ以外は、ボディターンが中心になります。

アドレスからバックスイング、切り返し、ダウンスイングの途中までは、
ボディターンを使って、クラブを振っていきます。

ボディターンを使うと、スイング軌道は安定して、インサイドインの
軌道を通ります。

ダウンスイングが腰を通り過ぎたら、手を使い始めます。
意識するのは、右手の平です。右の手の平でボールを打つような感じを持ちます。

右手の平をヘッドのフェースのつもりで、打っていきます。
インパクト後は、右手の平でボールを包むように、手の平を返していきます。

そうすると、まずスライスが出にくくなります。
フェースは、飛球線に対して直角に向きやすくなり、ボールをしっかり捕まえられるようになります。
当然、飛距離や方向性が安定してきます。