手打ちの直し方


今回は、手打ちの直し方について、

紹介したいと思います。

 

ミスショットには、いろいろな種類があります。

ダフリ、スライス、チーピン、トップなどです。

 

これらのミスの原因のほとんどは、

腕と身体が一体化せずに、腕だけで

打ちにいっていることがほとんどです。

 

手首が身体の正面から外れてしまい、

身体の回転が使えていないことが原因です。

 

腕だけでバックスイングしてしまうと、

クラブがスイングプレーンからずれてしまって、

スイング軌道が不安定になってしまいます。

 

腕とクラブを一体化させるには、グリップを

手で挟んでみて、スイングしてみて下さい。

 

クラブを握らないことによって、

腕の力を使うことができなくなってしまい、

身体の回転を使わないと、バックスイングできなくなってしまいます。

 

この練習によって、身体の捻転の感覚を

覚えることができます。

 

ボールを打つ時は、すべての指でグリップ

してしまうのは、NGです。

 

グリップする際は、右手の親指と人差し指は

グリップから離してみて下さい。

 

そうすると、腕に余計な力が入らずに、

腕の力を使うことができなくなります。

 

結果的に、身体の捻転を使うことができるようになります。

手打ちが出やすい方は、試してみて下さい。