手首を利用したバンカーショット


今回は、手首を利用したバンカーショットについて、紹介したいと思います。

バンカーからボールを出すだけだったら、ストレートに構えて、手首を利用しなくても、
体重移動だけでボールを出すことができます。

しかし出すだけでは、スコアアップを期待できません。
正確な飛距離を安定して出すには、手首を使っていくことが重要です。

バンカーショットでは、手首を利用するのが基本ではありますが、
最初から手首を利用してしまうと、体重移動が甘くなってしまいます。

体重移動をマスターしてから、手首を使う練習をしてあげると、
スイングのは幅を気にしないで、飛距離をコントロールできます。

スタンスは、ストレートにセットします。フェイス面はオープンにセットします。
フェイス面がオープンになると、ボールが右方向に行きやすくなるので、ボールの位置は、左方向へセットします。

上半身を前傾して構えたら、手首を使ってバックスイングしていきます。
ヘッドの位置が頭の上に来るまで、バックスイングしてみてください。

トップの状態を作ったら、手首を緩めないまま、シャフトをアップライトに立てたまま、
ダウンスイングしていきます。イメージとしては、グリップの先をボールに突き刺していく感じです。

フォロースルーでは、アドレスでオープンにセットしたフェイス面を自分の顔を向くようにスイングしていきます。
そうすると、ボールが軟らかく上がって、キャリーを調整することができます。