打ち込まないバンカーショット


今回は、打ち込まないバンカーショットについて、説明したいと思います。

バンカーショットにおいて、クラブを砂に打ち込んで、ボールを出すイメージを持っている方が、
非常に多いです。しかしクラブをバンカーに打ち込んではいけません。

打ち込まずにエクスプロージョンさせて、ボールを出すスイングが必要になってきます。

最初に、クラブヘッドをオープンにする必要があります。この時、
手首を捻ったり、身体を傾けて、オープンにしても意味はありません。

クラブヘッドをオープンにしたら、もう一度クラブを握り直す必要があります。
クラブヘッドのオープンの度合いは、自分から見て、クラブヘッドが時計の針で
1時くらいが最低の角度、最大でも2時くらいの角度に収めましょう。

次にアドレスです。腰の高さを確認してみましょう。腰の位置が高くならないように
注意して下さい。腰が高くなってしまうと、ボールに身体が近づいてしまい、
スイング軌道がアップライトになってしまいます。

アップライトになってしまうと、ダウンブローになりやすく、
ヘッドが砂の中に深く入ってしまい、エクスプロージョンが安定しないのです。

腰の位置を低くすると、スイング軌道がフラットになり、
ソールから入っていくため、砂を薄く剥ぎ取り、エクスプロージョンが
安定してきます。
腰の位置が高くなってしまうと、身体が上下左右にずれやすくなるので、
腰の位置を低くすることが、大切です。

ただし腰の位置を低くした時、両肩と腰のラインがずれやすくなるので、
注意して下さい。

次にスタンスです。バンカーショットのスタンスの基本は、オープンです。
オープンにすると、身体の左側に隙間が出来て、フォロースルーをしやすくなるからです。

逆にストレートスタンスだと、腰の位置を低くしているので、左側に隙間がなくなってしまい、
フォロースルーが窮屈になってしまうので、注意して下さい。

次にフェースの向きです。フェースの向きは、ターゲットよりも右を向く必要があります。
でもスイングは、スタンスの向きと平行に振っていきます。

そうすると、ボールは最終的にターゲット方向に飛んでいくことになります。

アドレスですが、多くの方は、砂に打ち込みたいがために、力が出るハンドファーストに
構えがちです。
しかしハンドファーストに構えてしまうと、砂にヘッドが深く入りすぎてしまい、
ボールに勢いが出ません。

グリップエンドが常にへそを指すようなアドレスをとると良いでしょう。