持久力がある方々のための練習ドリル


今回は、持久力がある方々のための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

まらそんや水泳など全身持久力に長けた方々の特徴としては、
関節を柔軟に使うことができて、スイングリズムはゆったりめです。

体重移動を大きめに使い、手首を柔軟に使って、スイングしていきます。
上半身と下半身の捻転に大きな差が生まれるので、
上半身のトップが完成する前に、下半身がダウンスイングを開始していきます。

この時にうまくタイミングが合わないと、ボールの方向性が
乱れていきます。手首のタメを大きく使うために、
トップからダウンスイングにかけて、左サイドが浮き上がってしまいがちです。

左サイドが浮き上がってしまうと、フェイス面がオープンになってしまい、
スライスが出やすくなってしまいます。

練習ドリルとしては、手首90度スイングがおススメです。
スイングの幅は、ハーフスイングで実施します。

使用するクラブは、PWを使います。トップのフィニッシュで、
手首が90度になり、ヘッドが空を向くようにします。

スイングスピードはゆっくりで構いません。
ストレートボールで、80ヤード飛べば、十分です。

ほかには、ゆっくりフルスイングです。
使用するクラブは、PWを使います。

いつもの半分のスピードで、ゆっくりスイングします。
飛距離は、50ヤード飛べば、十分です。