振り切っても曲がらないドライバーショット


今回は、振り切っても曲がらないドライバーショットについて、

紹介したいと思います。

 

目一杯振り切ろうと思っても、どこかで

当てにいってしまい、ボールに近寄ってしまうのが、

ゴルファー心理と言うものです。

 

ボールに近づきすぎてしまうデメリットとしては、

手を振り抜くスペースがなくなってしまうことです。

 

最近のクラブは軽くなり、シャフトが長くなっているので、

遠心力を限界まで活用するために、身体から

手首を離す必要があります。

 

身体がからグリップエンドまでの距離は、

こぶし3個くらいを目安にして下さい。

 

上半身の前傾角度に対して、

シャフトの角度が直角になっていれば、

最も効率的に遠心力を活用することができます。

 

アドレスでも注意が必要です。

身体がボールに近づきすぎないようにするために、

普段よりボール1個分離れてアドレスしてみて下さい。

 

ボールの近くに立ってしまうと、インパクトにかけて、

身体が起き上がってしまいます。

 

ボールから離れて立つことによって、

身体は、ヘッドをボールに届かせようとするので、

上半身の前傾角度が崩れて、起き上がるのを防いでくれます。

 

インパクトで手首が地面から離れて浮き上がってしまうことも

防いでくれるので、強いスイングができるようになります。