振り遅れをなくす練習ドリル


今回は、振り遅れをなくす練習ドリルについて、紹介したいと思います。

多くのゴルファーを悩ましている振り遅れ。振り遅れの原因は、身体が起き上がってしまうことにあります。
身体が起き上がってしまうと、ボールが右サイドにプッシュアウトしてしまい、
左サイドに再び戻ってこなかったりします。

身体が起き上がることによって、ダウンスイングでスイング軌道がフラットになってしまうからです。
最近のクラブの傾向は、軽量でシャフトが長くなっています。

軽量設計によって、手首が上がってしまい、スイング軌道がフラットになりやすくなります。
そうすると上体が起きてしまい、クラブが遅れて下りてきてしまいます。

正しいスイング軌道の基準としては、ダウンスイングでクラブが腰の高さまで来た時に、
シャフトが飛球線に沿っている必要があります。

シャフトが飛球繊に沿ってくると、クラブは若干アウトサイドから下りてくることになります。
そうすると手首を身体に近づけることができて、シャフトがフラット軌道になることを防いでくれます。

正しいスイング軌道にするためには、バックスイングでクラブを高い位置に上げて、ハイトップを作ります。
ダウンスイングでは、クラブをアウトサイドから下ろしてくるようにすると良いです。