振り遅れを修正するスイング


今回は、振り遅れを修正するスイングについて、紹介したいと思います。

振り遅れが出やすい方々の特徴として、身体を素早く回転させようとする傾向が見られます。
身体は早く回転させる必要はありません。スローでも止まりさえしなければ大丈夫です。

スイングのポイントとしては、手首を振るというよりは、ヘッドを振っていく感じが大切です。
バックスイングのポイントは、ヘッドの重量感を体感しながら、ヘッドを上げていくイメージを持って下さい。

トップからダウンスイングにかけては、手首をヘッドが追い抜いていく感じです。
手首の動きは相対的に減ってきて、ヘッドの動きが増えてくるはずです。

ヘッドの動きを増やしていくためには、フェイス面が閉じた状態で、インパクトを迎えることです。
ダウンスイングでは、フェイス面はオープンになっています。

インパクトからフォロースルーにかけては、フェイス面が閉じていく感じです。
クラブを飛球線方向に放り投げていくイメージを持って下さい。

この動きをマスターしていただくと、振り遅れが減っていきます。
ヘッドの動きが理解しにくい方は、両足を閉じてスイングして下さい。

背骨を中心に振り子運動をイメージしてスイングしてみて下さい。
打とうとすると、軸がぶれてしまうので、左右同じ動き、同じリズムを意識して下さい。