振り遅れを防止する左腕と肩の動き


今回は、振り遅れを防止する左腕と肩の動きについて、紹介したいと思います。

飛距離を出したいと思ってボールを強く叩きにいこうとしてしまうと、
バックスイングの段階で、オーバースイングになってしまい、
左ひじが曲がってしまいます。

オーバースイングの段階で、ダウンスイングを始めてしまうと、
身体が突っ込んでしまい、腕が遅れて下りてきてしまいます。

振り遅れを防ぐためには、アドレスしている時の左腕は、
若干曲がっているはずです。その状態をキープしたまま、
両肩を意識して、回転していきます。

左肩が首の下まで回転してくれば、正確なトップを作ることができます。
その状態から腕を下してくれば、振り遅れや打ち急ぎを防ぐことができます。

両肩を回転させていくには、体重は、両足に均等にかけていきます。
左足に体重を乗せたままバックスイングを開始してしまうと、
ダウンスイングでは、上体の動きが苦しくなってしまい、
右足に体重になってしまうので、注意して下さい。

アドレスのとり方ですが、ボールの正面に立っていただいて、
両足を揃えて、気をつけの姿勢をとります。

両足を肩幅に開いていただいて、体重を左右均等にかけていきます。
クラブを両手で身体の前で持って下さい。
その状態から前傾姿勢をとっていただいて、クラブを地面にセットして下さい。