新ダウンブローでは左わきを締める


今回は、新ダウンブローでは左わきを締めるというテーマについて、紹介したいと思います。

最近のアイアンは、ボールが上がりやすい構造になっているので、
極端なダウンブローは、必要ありません。

強引にダウンブローで打とうとすると、スピン量が不安定になってしまい、
距離感や方向性にムラが出てしまいます。

しかしダウンブローを止めてしまうと、途端にインパクトで、
左ひじが開いてしまい、しゃくり打ちになってしまいます。

しゃくり打ちになってしまうと、右腰が下がってしまい、
方向性と距離感にばらつきが出てしまいます。

最近のアイアンの打ち方のトレンドは、腰と肩をレベルターンしていくことです。
レベルターンをすることによって、横からボールをとらえることができます。

横からボールをとらえる打ち方だと、アイアンとドライバーを同じ感覚で打つことができます。
横からボールをとらえるためには、左わきを開けないことです。

左わきを開けずに、グリップエンドを下に向けながら、低く長いフォローを出してあげます。

通常通りにアドレスして頂いたら、バックスイングしていきます。
トップの位置では、両肩が十分に回っているかを確認して下さい。

左腕は、突っ張らない程度に伸びていることが重要です。
右わきは、開きすぎないようにして下さい。

ダウンスイングでは、十分に回した両肩を戻していきます。
両肩がレベルターンになることを意識して下さい。