新聞紙を使った練習法


今回は、新聞紙を使った練習法について、紹介したいと思います。

ゴルフにおいて重要なのは、右手の動きです。多くのゴルファーの方々にとって、
右手は利き手であるので、余計な動きや無理な力が入りやすくなってしまいます。

右手の正しい動きや力の入れ具合をマスターするのに効果的なのが、新聞紙です。
新聞紙を丸めて、ボールを作って下さい。ボールの大きさは、
ゴルフボールと同じか、若干小さめで大丈夫です。

ターゲットから4~5mくらいの位置にアドレスします。
アドレスしたら、両手を広げて、地面と平行になるように、横に伸ばしてください。

横に伸ばしたら、上腕は地面と平行にしたまま、右腕の前腕を直角に曲げて下さい。
その状態から、アンダースローでボールを投げてみて下さい。

投げた時に、手の平が右を向いてしまい、
右腕が身体から遠くなってしまうと、NGです。
ボールは右方向に行きやすくなり、スライスの原因になります。

投げた時には、手の平が左を向いてしまい、
インサイドに振り抜いてしまうと、NGです。
ボールは左方向に行きやすくなり、フックの原因になります。

フォロースルーで手の平が上を向いて、飛球線方向に向くようにして下さい。
この練習を壁の正面に立って実践すると、右腕が正しい軌道を通りやすくなります。

この練習を何回か繰り返したら、応用編として、
両手で雑誌を挟んで、素振りをしてみて下さい。
フェイス面の正しい向きを体感することができます。