日用品を使った練習法


今回は、日用品を使った練習法について、紹介したいと思います。

1.    軍手素振り
多くのゴルファーの方々は、クラブを強く握りすぎている傾向があります。
グリップを強く握りすぎてしまうと、身体に力が入り、
ボディターンを使うことができず、手打ちになり、ミスを誘発してしまいます。

そこで軍手を使って、素振りをします。軍手はご存じのとおり、
厚みがあり、強く握ることができず、結果的に柔らかく握ることになります。

軍手で素振りした時の感覚を覚えておいて、
いつものグローブをつけて、素振りをします。
柔らかく握ることができれば、ボディターンを使うことができ、
距離と方向性が安定してきます。

2.    サンダル素振り
フィニッシュで左足を踏ん張ることができず、
足裏が浮いてしまう方に有効な練習法です。
足裏が浮いてしまうということは、スイングバランスに問題があり、
ショットが不安定になってしまいます。

そこで、サンダルを履いて、素振りをします。
サンダルはゴルフシューズに比べて、履き心地が悪く、不安定です。

そのような状態でスイングすることによって、足裏を意識することができ、
フィニッシュで踏ん張る感覚を覚えることができます。

サンダル素振りでフィニッシュが安定してくれば、
コースで傾斜のあるライでボールを打つ時も、
柔軟に対応することができます。